All archives    Admin

06月≪ 2009年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.31 (Fri)

明日から大塚屋さんです♪

先日、大塚屋名古屋車道本店でのキット販売用の商品を無事出荷いたしました。
いよいよ明日から販売が始まります。

突然の出店になりましたが、キットも46種類用意することができまして、まずまずの品揃えになったと思います。

新作のキット見本が1点しかなく、大塚屋さんにいくことになりましたので、急きょモデル作りにおわれています。
製作スタッフにお願いする時もありますが、今回は自分でやってみようと思います。
絶対スタッフに頼んだ方がきれいで早いんですけどね

自分の作品を発表してから時間をおいて自分でもういちど作ってみると、レシピのわかりにくい点がみつかったり、デザイン自体もこうしたほうがいいとか、新たな発見があるものです。

9月にはマイドームおおさかの出店も決まっていて、8月は結構大変になりそうです。
作りたいものは、次から次へと湧いてくるのですがなんせ手と時間に限界が・・・

それこそ人に頼めばいいんでしょうが、非常事態以外は自分のことは自分ですべてやらないと気が済まないタイプでして、困ったもんです。
どんな小さなものにも自分の魂が注ぎ込まれていないと出せないんですね。
これではいつまでたっても小物のまんまですが、まぁしょうがないかな~

そんなマザーズドリームですが、皆様ご支援よろしくお願いいたします。
名古屋エリアのキルトファンの皆様、明日から大塚屋さんでやります。
是非お立ち寄りください。


                        8月1日~9月15日

                名古屋大塚屋車道本店 4階パッチワークコーナー


どうぞよろしくお願いいたします

ランキングに参加しています。
この綺麗なバナーを押していただくと、パッチワークのいろんなブログに出会えますよ

ブログランキングへ
スポンサーサイト

タグ : 大塚屋 パッチワーク 車道本店 キット マザーズドリーム

12:15  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.30 (Thu)

琵琶湖ハス群生地とレストラン「ガストロノーム」

琵琶湖2009 728004



こんにちは!Nannyです。

久しぶりに琵琶湖まで足を延ばしてきました。
琵琶湖周辺は、私が学生のころに比べるとすっかり整備され、きれいなホテルやレストラン、お店があったりして見違えるようになったものです。

さて、滋賀県草津市の最北、烏丸(からすま)半島横にハスの群生地があるのをご存じですか?
甲子園球場2.4倍の広さの中に50万本ものハスが群生していて、例年初夏にきれいに咲くこの花を見に、連日多くの人が訪れています。

写真の風車は最近設置されたもので、ドイツ製の風力発電用風車で、国内最大級だそうです。

琵琶湖2009 728005



あいにくお天気は今にも雨がふりそうな感じ、おまけに4時ごろ到着したんではほとんど花びらを閉じていました。
朝早く来たらきっときれいでしょうね。

琵琶湖2009 728002



この群生地による前に、大津市のレストランで遅いランチをしました。

琵琶湖2009 728001



南フランス料理の「ガストロノーム」です。

ここは、犬と一緒にお食事できるレストランで、犬連れの人は外のテラスの席でお食事をします。

琵琶湖20090728006 007



メインだけ決めて、ドリンクとサラダ、パンは自由に何回でもおかわりできます。
ゆっくりお食事したかったんですが、到着したのが2時過ぎぐらいで、3時までには食べ終わって下さいみたいなことを言われ、残念ながらなんだかせわしなくて、ゆっくり味わえませんでした。
そんなこともあって、お味の方はちょっと・・・かな。

でも何を食べても、どこに行ってもゆったりできるということは、幸せだなって思うNannyでした~

パッチワークネタではありませんが、今日も愛のクリックよろしくお願いいたします


ブログランキングへ


タグ : 琵琶湖 風車 レストラン ガストロノーム

12:20  |  Nannyの旅日記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.24 (Fri)

ついにトップが完成! ヘキサゴンのタぺ

ヘキサゴンのタぺ 002



残り布の整理を目的で作り始めた「ヘキサゴンタぺ」。
とうとうトップが出来上がりました

ヘキサゴンのタぺ 008



花芯は何回同じ布を使ってもいいけど、花びらは全部変えること、という自分に課したルールはきちんと守りました。
花びらの種類82種、小径の種類15種使いました(花芯はめんどくさいので数えてません)。

1辺が2.5センチのヘキサゴンなので、大体1枚の花に20×15センチ使います。
ということは、82種で24600平方センチ、ということは110センチ幅の生地を約2メートル消化したことになります。
小径と花芯を入れるともっとです。
この数字が多いか少ないか・・・微妙なところですね。

でも、ほとんど死に体だった私の残り布達が形あるものに生まれ変わろうとしているわけです。
ちょっとしたエコかも。


ヘキサゴンのタぺ 006



そして、やっぱり圧巻なのはこの裏側。
ひょっとして、表よりいいんじゃないのと言う美しさです。
これはキルト芯をはさんで、裏布と重ねてキルティングが始まるともう2度と目にすることはできません。
そう思うとなんかいとおしい裏側・・・

ヘキサゴンのタぺ 007



7ミリに切りそろえられた縫い代を割った瞬間、そこにとっても小さなヘキサゴンが現れます。
それを指でぐっと抑えるんですが、私はその瞬間が大好きなんですね~

ヘキサゴンのタぺ 004



例の正体不明の変色した古い布もなんとかまわりのみんなとなじんでくれてます。

ここまでやって思ったこと。
やっぱりアイロンって大事ですよ。

1枚1枚の花ができたらアイロンをあてておきます。
その時に縫い代を自分が決めた倒し方に倒しておいてアイロンをあてるのですが、私が家で使っているのは、もう20年ぐらい前の編み物を習ってた頃に買ったブラザーのスチームアイロンです。
残念ながらスチームはもうこわれちゃって使えないんですが、普通のアイロンとしてはまだまだ現役でして、これがまたいいんですよ。
重たくてずっしり、作業は大変なんですが紙のようにピシッとかかるんです。

お店で使っているのは、いわゆるパッチワーク用の小さなやつ。
これは軽くて作業はしやすいんですが、いまいちききが弱い。
やっぱり、アイロンは昔ながらのずっしり重いやつが私は好きですね。

さて、問題はここからです。
しつけをかけて、キルティングが始まるわけですが、やっぱりこの大きさだとフープが登場しますね。
最近フープ使ってないし、腕はきっと落ちてるだろうな。
キルティングが入ると、ぷくぷく感が出てきてそれはそれは癒されるんですが、今のこの状態の紙のような仕上がり感も捨てがたいものがあります。

初めての方は、ひと針ひと針進むごとに状態がかわることにちょっとがっかりされるかもしれません。
トップからキルティングにに入る時には、それなりにこの紙のような美しさにきっぱりとお別れをする覚悟がいるのです。

さて、大急ぎで仕上げないといけないものが他に4~5点あるんで、とりあえずトップが完成したところでちょっとこれは見ないように放置しておきます。
見るとキルティングしたくなるんで・・・

ライン素材Little Cherry stone





                   マザーズドリーム サマーセール開催中  

               
             詳しくはホームページ「お買いもの」→「見切り処分」からどうぞ。
               15種の生地がすべて半額にてご提供です!


ランキングに参加しています。
きれいだな~と思ったら、是非愛のクリックよろしくです

ブログランキングへ

タグ : ヘキサゴン タぺ マザーズドリーム 残り布 フープ

14:05  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.18 (Sat)

吹上のアンケート結果

今年のハンドクラフトフェアの出展者へのお礼と、来場者のアンケート結果が届きました。
こういうことをきちんと報告していただけることは、今後の出店の参考になってとてもいいことだと思います。

さて、今年の吹上は来場者数は3万1千人で確か去年より増えていると思います。
不景気、豚フル等のことを考えるとこの数字は大健闘したほうじゃないでしょうか。

2日間にわたっての来場者アンケートを分析しますと、いろいろなことが見えてくるのですが、各項目一番割合が高かった回答をつないでみると次のようなお客様像が一番多いということがわかりました。



数あるホビーの中で、パッチワークに一番興味を持っている60代主婦が、知人からハンドクラフトフェアのことを聞いて、地下鉄を使って初めて来場し、約1時間半滞在して作品を見たり材料や道具の購入をした。



意外だったのは、初めての来場と、滞在時間が1時間半という方が一番多いということでした。
吹き上げはリピ-タ-が断トツに多いと思っていました。
会場にいる時間がたった1時間半というのも意外です。
お弁当持ちの方も珍しくないと聞いてますし、昼時には休憩コ-ナ-は凄い人であふれるんで、大体お昼はさんで3時間ぐらいはなんやかんやといらっしゃるもんだと思っていました。

こういうアンケートはいろいろ参考になりますね。
そう言えばこの結果は何も吹上だけに限らず、現在のキルト展のお客様にあてはまっていると言えそうです。
ということは、やっぱり私の作品はちょっと若すぎるのかな・・・

しかし、魂まで売るわけにはいかないんで、何があってもその時の自分のありのままでいきたいと思います。



ライン素材Little Cherry stone




                      マザーズドリーム サマーセール開催中  

               詳しくはホームページ「お買いもの」→「見切り処分」からどうぞ。
               15種の生地がすべて半額にてご提供です!

ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いいたします。

ブログランキングへ

15:52  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.17 (Fri)

サマーセール開催のおしらせ♪


サマーセール 001



7月18日~31日、サマーセールを開催いたします。

2009年 サマーセール 002 連結001



今回はリネンと明るい30’S系のプリント15種をセレクトして、すべて50%OFFでご提供いたします。

連結002



リネンもプリントも宮地好みのかわいい生地ばかりです。

2009年 サマーセール 001連結003



個人的に気に入ってひそかに買い集めていたものばかりです。

2009年 サマーセール 008連結005



時間がある時に何か作ろうなんて甘い考えで仕入れました

2009年 サマーセール 005連結004



しかし、時間なんていつまでたってもできません。
思い切っての大処分です。
これで皆さん、私の代わりに何かかわいいの作って楽しんでくださ~い。

すべて半額で大変お値打ちです。
ただし、数に限りがありますから無くなり次第終了となります。
ホームページ「お買いもの」→「見切り処分市」にお進みくださいませ。

さて、余談ですが昨日大塚屋さんがお店にわざわざ挨拶によってくださいまして、8月1日からのキット販売の簡単な打ち合わせをいたしました。
聞くところによると、大物先生のピンチヒッターということで、ふふふ・・・やりがいがあります。

ゆかり 001



ご丁寧におみやげいただきました。
これ、久し振り~。
やっぱり、これはおいしいね
御馳走様です


ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いいたします

ブログランキングへ


タグ : サマーセール 50%OFF リネン 30’S

13:58  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.15 (Wed)

歳時記のミニタぺ ハロウィン

ミニポーチハロウィンの 002




朝から暑くて、髪の毛ひっつめて必死にバックステッチして仕上げたら、頭が痛くなってきました。
暑いし、頭痛いし、肩はこりこりだし最悪です

にわかに忙しくなってきたので、これだけは先に仕上げようと頑張りました。
歳時記のミニタペ、10月は「ハロウィン」です。


ミニポーチハロウィンの 003



ハロウィンはあんまりなじみがないので、文字で表現するという卑怯な手をつかいました。
本当はアップリケで表現しないといけないところなんですがね

ミニポーチハロウィンの 012



アップリケもかなり上級です。
左 これでもコウモリのつもり 。
コウモリが急降下しているところを表現したかったのですが、これではコウモリにさえみえてないという・・・時間があればやり直します。

真ん中 おばけです。
この子はまあまあかわいくできたと思っています。

右 かぼちゃ。
ハロウィンと言えばかぼちゃですよね。
なんとも不気味なませた顔のかぼちゃになりました。
口は切りぬくとさすがに刺繍では失敗するのが見えていたので、ランニングステッチでごまかしました

ミニポーチハロウィンの 015



ハロウィンってお祭りらしいから、星や立体アップリケで楽しい雰囲気を出しました。

ミニポーチハロウィンの 010



こうやって順番につないでタぺにしたいんです。
が・・・

ミニポーチハロウィンの 011



早くもサイズが違い、1センチほどずれている

・・・・・・・

お月見の時に出来上がりのサイズを適当にした心当たりがあります。
これは2度と作りたくないので、なんとかごまかしてつないでみせます。
12枚きっちりサイズが合うでしょうか・・・
こういうのはそういう難しさがあるんだな・・・再確認。


書けば上がるのですが、書かないと下がります。
あたりまえでしょうか
今日は書いたので、クリックよろしくお願いいたします。

ブログランキングへ

14:42  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.13 (Mon)

ピンチヒッターのお知らせ

朝いち、名古屋大塚屋さんからお電話。

「せんせ~い実はお願いがあってお電話したんです。
8月1日からの先生方のキット販売コーナー、突然ですが先生出てもらえませんか
順番が決まってた先生が急にキャンセルになりまして・・・」

「わかりました、大丈夫です。
大変でしたね。(宮地におまかせください)」

「すみません、無理言って。
よろしくお願いいたします。
それと、○○日いらっしゃいますか?
近くまで行く用事があるんで、お店おうかがいいたします。」

「は~い、おりますよ,どうぞ寄って下さい。」

「よろしくお願いいたします。」

「こちらこそ~。」


というわけで、電話を切って頭の中のカレンダーをチェックする。
あ、あと2週間ちょいしかない・・・・・

ドキドキしてきました。

今までも、いつもこんな感じでお声をかけていただいた時は、どんなに大変でもお仕事をお断りしたことは一度もありません。
一度断ると、もう2度と話が来ないんじゃないかという強迫観念が私にはあります。
特に今回のように困っていらっしゃる時なんかは、私でよければ是非お役に立ちたいとも思いますし、私を選んでくれたことをうれしく思います。

正直2週間で商品をそろえるのはキツイです。
でも、ある程度長年やっているとその辺をクリアできる力が知らないうちについてくるのも事実です。

なんとかがんばって大塚屋さんのために商品をそろえてみたいと思います
ピンチが好きなMな宮地です。



大きなお花のブローチ 005 素材




                        8月1日~9月15日

                    名古屋大塚屋4階 パッチワークコーナー


是非お立ちよりくださいませ。

ランキングに参加しています。
愛のクリックよろしくお願いいたします

ブログランキングへ



タグ : 大塚屋 キット 名古屋

12:53  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.10 (Fri)

歳時記のミニタぺ始めます! お月見から

お月見のミニタぺ 002



今までやりたくても忙しくてやれなかったことを、どんどん形にしていこうと思う今日この頃。

というわけで、先日紹介しました残り布の整理を目的としたヘキサゴンのタぺもそんな作品なんですが、今日できあがった「お月見のミニタぺ」も、そんなやりたかったことの一つです。

正確に言うと、やりたかったことというより、お客様からのご要望の高い作品かな。
どちらかというと、私としてはあんまり・・・なんですが、生まれ変わらせることの方が好きで、やってみることにしました。

数年前に千趣会さんで販売していました、「歳時記のポーチ」というシリーズがあります。
このたび、それを若干手を加えて作り直し、今度はミニタぺとして発表していこうという企画です。


お月見のミニタぺ 004



こんな感じで生まれ変わりました。
キルトスタンドで飾ってもいいし、フレームにいれてもいいですね。
私としては12枚完成したら、全部パイピングで始末してあるものを巻きかがりでつないで1枚のタぺにしてみたいと思います。

お月見のミニタぺ 005



うさぎはひとまわり大きくしました。
この物悲しい後姿・・・お月さん見ながら何を思っているのでしょうか・・・

お月見のミニタぺ 006



すすきです。
今回一番苦労したのはこのすすきの図案。
色々ススキの写真を見て、書き直したのでチャコパーのあとが土台布に残ってとれなくなってしまいました。
(余談ですが茶色のチャコパーはブルーの先染めには残りやすいので要注意)
ススキの花の先はパーに広がっていたらススキらしくならないんですね。
ほうきになります。
それに気づいて直したら、うんとススキらしくなりました。

お月見のミニタぺ 007



月見だんごです。
ポーチでは既製の梵天を使いましたが、今回はおだんごも手作りです。
うさぎのしっぽには綿をつめましたが、こちらは9個もあって綿をつめるとごろごろになるので、絞った時の縫い代の厚みでおだんごを表現しました。


大きなお花のブローチ 005 素材




さて、この「歳時記のミニポーチ」シリーズは1年かけて毎月1回発売されます。
詳細はまだ未定ですが、出来次第どんどんブログには先行して発表していこうと思います。
どうぞご期待くださいませ~

ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いいたします

ブログランキングへ









12:03  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.07 (Tue)

ここまで出来ています!ヘキサゴンのタぺ

ヘキサゴンのタぺ 001



私の端切れの整理を目的として進められているヘキサゴンタぺですが、途中イベントの準備なんかで挫折したかのように思われていましたが、なんとここまでひそかに進んでいました。

当初の予想より若干明るい色になってはいますが、なかなかかわいいノスタルジックな色に仕上がってきました。
ここまできたら、これは確実に完成しますね。
つなぐ作業にすっかりはまっていて、完璧に日課にになっていますから。
後は「花芯は何度同じ生地が出てきてもいいけど、花びらは全部かえること」というやや厳しいルールを最後まで守ることができるか・・・ですよ。
今のところは守られています。


ヘキサゴンのタぺ 003



裏です。
思わず綺麗
裏も表なりです。
さて縫い方ですが、今回はめずらしく風車でいきました。
そして、これもすっかりはまっています。

風車?真ん中に穴あくから最近じゃあんまり使わないよ。
やっぱ今は片倒しだよ。」
なんて豪語していたのがウソのようにはまっちゃいました。
穴なんて、どこにも見当たりませんが・・・

ヘキサゴンのタぺ 004



こんな大きなヘキサゴンタぺは初めての挑戦なんで、最初どうやってつなごうかと思ったんですが、基本的に縫いどまりなんで、何とでもなります。
大きくしたければあとからはめ込むことも可能ですし、小さくしたければそこだけほどけばいいのです。

でもまぁ出来る限り早く綺麗にがモットーです。
で、とりあえず花を作りためます。
花がないと話にならないんで、ひたすら縫いまくります。
縫い代は段はすべて下、縫いどまり、風車、これだけを決めました。

後は配色をしながら花を実際に並べていきます。
同じような色の花が隣同士にならないように、強い色が偏ったり、薄い色が偏ったりしないように、これがルールです。

花が決まればその間にどんどん生成りや白のピースを置いていきます。
ここでも同じ色が隣同士や近くに固まらないように、これがルールです。

ヘキサゴンのタぺ 006



後は写真のように花に小径をつなげていきます。
もちろんここでも段はすべて下です。
小径をつなげていて思ったんですが、小径の生地はかなり消費しますよ。
ここは、残り布を消費するには格好の場所ですね。

ヘキサゴンのタぺ 011



そうしてこのような長いものを縫いためます。
ある程度たまったらつなげていって、だんだん大きくなっていく喜びを実感するわけです。
実感出来たら、がんばろうって気持ちが強くなって さらにゴールに近づくわけです。


最初に言いましたように、これはたまりにたまってどう仕様もない布達の整理が目的で作っているタぺです。
言いかえれば、引き出しの中やかごの中、衣装ケースの中なんかに普段ぐしゃぐしゃに突っ込まれているまさに死に体の布達に、再び命を与え輝かせてあげるということを目的としているわけです。
だから、今好きな布ばかり選んで作ってはいけないのです。
嫌いになってしまった布や、嫌いじゃないけどどうも新しい布と合わないな~という布も必ず登場させないといけません。
出来あがって何に使うかは二の次です。
とにかく形になればいいのです。

ヘキサゴンのタぺ 012



で、こわごわ入れたのがこの3枚。
特に左の布。
いったいいつ、どこで買ったのかもわかりません。
よく見ると古すぎて変色している箇所もあります。
ブロードってやつですよ。
かたくて縫いにくいんです。
しわくちゃになっていたのをアイロンで直し、なんとか花はかわいくできました。
少々ひねてはいますが、つなぎ合わせた時にどうかみんなとなじんでくれますように、ただ願うばかりです。

一度落ちたものは、なかなか戻りません
再びベスト10内に挑戦しますから、愛のクリックよろしくです。

ブログランキングへ




タグ : ヘキサゴン タぺ 残り布 風車

14:51  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.05 (Sun)

久々の試合観戦!

2009 清水リーグ 005



昨日は仕事をお休みして、静岡まで息子○太郎の卓球の試合を見に行ってきました。
なんと、1年ぶりの試合観戦です。

息子は高2の秋に部活の先輩の、部員暴力が発覚して以来部活動中止になり、結局3年生のインターハイの予選直前に活動再開したものの、ほとんど練習できず、個人戦では県大会にも行けずなんともあっけない高校部活生活を終えたのでした。

あれから1年、大学行っても卓球続けてほしいな~とは思っていたのですが、ホントにやってくれるのかは、半信半疑でした。
それが、こうして試合まで見に行けてなんか夢のようです。

さて、朝7時に出発。
静岡ですから大会開始の9時に着くのは無理ですが、ちょっとでも見れたらいいかな~ってな感じでのんびり出発しました。

なんせ、会場の名前も場所もわからず(本人も知らない)、○太郎からの連絡待ちです。
聞くところによると、清水の練習試合のような小さな大会。
小さくても大きくても何でもいいです。
試合と聞いたら異常に熱が入る私です。

2009 清水リーグ 041



ナビで簡単に見つけられました。
清水総合運動場体育館」。
なるほど小さな体育館です。
大学からはめちゃ近い。
ってなことで○太郎のマンションからも近いです。
これなら、帰りにマンション寄って冷蔵庫の中点検したり、家政婦ができます。



さて、10時半に到着しました。
メガネを忘れちゃった私は○太郎をみつけだすことはほとんど不可能に近いんですが、まぁ練習試合っぽいからそのうち見つかればいいわぐらいのノリでぶらついていたら、いました、いました○太郎です。

1年ぶりのユニフォーム姿です。
ゼッケンが気になっていたのですがこちらでは赤い文字です。
もちろん大学の名前も入ってます。
私は○太郎のゼッケンを中学1年の時から全部コレクションしています。

先輩達の顔も確認しました。
なんとまぁ、超まじめそうな高校生のような子ばっかりです。
息子の大学は卓球は強くありません。
それでもこの清水リーグでは2部にランキングしています。
全部で6部まであるそうですから、市内ではまあまあ強いほうかも・・・
大学はABCの3チームに分かれていて、息子は1年生ですがAチームです。

この清水リーグとやら見ててびっくりしたんですが、社会人チームの参加がめちゃくちゃ多い。
静岡ってやっぱりサッカー だと思うんですが、参加しているのは圧倒的に社会人です。
これはくせものですよ。
社会人卓球選手をなめてはいけません。
これまでも、社会人にこてんぱんにやられたことが何度もあります。
なんせ、社会人の中には全国まで行ってる元選手だってまぎれこんでいるわけですからね。

1試合目は間に合わなくて観ることはできなかったのですが、そんな社会人チームに負けました。
試合はすべて団体戦で、3年生ペアのダブルスだけが勝ちました。
ルーキー○太郎はトップバッターで出場したのですが、ストレートで負けたそうです。

2009 清水リーグ 016mini



さて2試合目。
相手はまた社会人チーム。
○太郎は今度はラストバッターです。
1試合目調子が悪かったので、部長がオーダーを見直したと思われます。
シングルス4試合ダブルス1試合で戦います。
東海大は順当に勝っていき、いよいよ○太郎の出番です。
もう3つ勝ってますからこの試合としては勝利は確定しています。
だから思いっきり楽しめばいいんですが、○太郎の相手の女性はかなり強かった(?)
ここでも○太郎はストレート負け。
しかもあっというまのぶざまな負け方。

「最悪の内容やな。やっぱり1年のブランクは大きいかな。」

「投げやりな試合運びやな。また悪い癖が出てる。もっと丁寧に試合しないと・・・」

暗い気持ちになりました。
確かに多治見で言えば市総体のような親睦を目的としている大会だとは思うんですが、清水まで来てこんな試合見せられたんではね・・・
大したことないとつくづく思いました。

2009 清水リーグ 022mini



さて最後の試合です。
ここまで東海大Aは1勝1敗。
次は何としても勝ちたいところです。
相手はまたしても社会人チーム。
しかも

2009 清水リーグ 026



こんなねじり鉢巻きでやる気満々の増田君だったり、

2009 清水リーグ 027



足をまったく使わない斎藤君だったり・・・
斎藤君は審判している時立っているのに疲れてきて、途中で床にごろんとねっころがりました。
私は長年いろんな卓球の試合をみてきましたが、疲れて寝た人はこの斎藤君が初めてです。
しかし!
斎藤君をあまく見てはいけません。
シングルスに2回も出て2勝したのです。
ここは人数が足らないせいか3人で戦ってるチームです。
トップのねじり鉢巻きの増田君勝ち、二人目の斎藤君勝ち、ダブルスは東海大3年生ペアが勝ち、次に再び登場した斎藤君がなんと足を全く使わず勝ったのです。

東海大の池田君が対戦相手だったのですが、なぜ彼は斎藤君を右に左にふらなかったのでしょうか。
斎藤君が喜ぶ目の前にばかり球を出すのです。
斎藤君が足にかなりきてるのは誰が見てもわかることなのに・・・
熱戦を繰り返しましたが、池田君は撃沈しました。
ここで東海大の負けが確定。

2009 清水リーグ 033mini



いよいよラストの○太郎登場です。
相手は60歳ぐらいのピンクのユニフォームの鈴木君。
もう今日はいいとこでないかな~となかばあきらめていたんですが、1セット目あっさりと○太郎がとりました。
やっと調子がでてきたかなってところです。
打つ球、打つ球コーナーぎりぎりでするどく決まります。
こうなたら○太郎も自信が出てきます。
厳しい角度ばかり責めてきます。
私もやれることと言ったら拍手だけなんで、○太郎が決まった時はもちろん鈴木君がミスってくれた時も割れんばかりの拍手をします。
許して下さい、鈴木君。
多治見から応援に来てる親は私しかいないはず。
1年ぶりの息子の試合なんです。

だんだん鈴木君に私の拍手に対するいらだちが見えたような気がしたのは私だけでしょうか。

○太郎はストレートで勝ちました。
「やった~



2009 清水リーグ 039mini


 



試合的には東海大の2勝3敗で負けです。
平均年齢55歳ぐらいのオジ様3人編成チームに負けました。
しかし、いつも思うんですがなぜ、卓球の社会人チームってやってないはずなのにあんなに強いの?
斎藤君にいたっては足を全く使っていませんでした。
お決まりのペンホルダーで、フォアハンドの時にはラケットが完璧に縦になっていました。
なのに勝つのです。
「好きこそ物の上手なれ」
何事も好きってことは大事ですね。
ねじり鉢巻きの増田君なんて、本当に楽しそうに試合をしてました。
私も観戦しててとても楽しかったです。

さて、大学生になって初めての試合観戦だったわけですが、3年生の先輩達がなかなか強いです。
I君にいたっては、常に大きな声が出ていて高校生より熱いものを感じました。
部長のB君はやさしそうで、卓球も基本に忠実で冷静かつ正確なプレーをします。
じみちにコツコツ練習を重ねていったら大学リーグ3部に上がるのも夢じゃないかも・・・なんて色々考えこれから先が楽しみになりました。

1年ぶりに、がっかりしたり興奮したりと楽しい時間を過ごしてきました。
体育館には結局7時間もいたんですが、あっという間でした。
観れてよかった
ちゃんと試合の日を教えてくれた○太郎大好き!
会場で向こうから見つけて話かけに来てくれた○太郎大好き!

最後に勝ててすっきりさっぱりした私は、その後○太郎のマンションにより冷蔵庫の中を点検しスーパーに買い出しに行ったり、ちょっと洗い物をしたり、ちょっとだけ家政婦をしてまた夜中に多治見に帰りました~。

長くなりましたが、息子を持つお母様方、「その気持ちわかるわ~」と思われたら是非愛のクリックよろしお願いいたします。

ブログランキングへ




タグ : 卓球 清水 静岡 東海大学 体育館

15:32  |  卓球  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.02 (Thu)

今宮神社から喫茶静香まで

003今宮神社 



こんにちはNannyです。

梅雨真っ直中ですが 皆さんおかわりありませんか

先日Nannyは 京都の今宮神社に厄除けに行って来ました。
神社の6月の行事の中に 厄除けのおまじないで ちの輪をぐぐって厄を落すってのがあるのをご存じですか

今宮神社001


人がすこしかがんでちょうど通れるぐらいの藁で出来た輪の中をくぐるんです。
左から1回、右から1回、最後に中央から1回くぐって厄をおとします。

もともと今宮神社は厄除けで有名な神社。
さぁ これで厄も落せたところで2009年の下半期もがんばって乗り越えていきましょう。

おみくじもひきました。

末吉。

何事も進んですることはいけません。
心静かに諸事控えめにして、これまでの職業を守り、身を慎んで勉強なさい。
そのうちに、悪い運気さって幸福の時がきます。

一升枡には一升しか入らぬ。
無理に入れれば、袋が裂ける。
地位も名誉も神まかせ。
神様お相手に、世の為、人の為に尽くして徳を積め。
徳を積んで、入れ物を大きくせよ。神のたまえる宝なら永久に逃げはせぬ。


う~ん重い言葉ですね。
徳は経験と解釈して、袋を大きくしていきたいものです。

今宮神社004



さて、お参りが終わったら次はあぶり餅です。
参道の両端に2軒のあぶり餅やさんがあります。
一和さんとかざりやさん。
一和さんは創業1000年、かざりやさんは創業400年です。

今宮神社002



こうやって串に刺した小さなお餅を炭火であぶって、たれにからめていただきます。
タレは京都の白みそ。
ところどころ焦げたところが、甘い白みそとお口の中でからまっておいしんですよね。
どちらのお店も15本500円です。
Nannyはなんとなくかざりやさんにしました。
最初15本なんて食べれるかな~と思いましたが、1個が直径2センチぐらいの小さなお餅なんで、お友達の分までぺろっといただいちゃいました。
無病息災の効果があるそうですよ~。

さて、帰りは京都の五大花街の一つ上七軒をぶらぶらしながら、千本今出川にあるレトロ喫茶静香でお茶しました。

喫茶静香005



こちらも古いです
昭和12年、上七軒の芸者静香さんが始められたのを、今のオーナーのお父様が引き継がれたそうです。

喫茶静香002



鳥の模様が浮き出ているすりガラスの扉。
レトロですよね~。

喫茶静香004



店内の様子です。
京都には本当に古い喫茶店が何軒か残っているのですが、ここ静香はそんな中でもきどったところがなく庶民的な感じがする喫茶店ではないでしょうか。

喫茶静香003



小さなカウンターがかわいいです。

喫茶静香001



使われている食器も正真正銘のレトロ
付いてくる角砂糖は大きいものと小さいものが1個ずつ。
好みに合わせて入れれるようにと、オーナーの心づかいが感じられます。

一人で始められた芸者の静香さんてどんな方だったんでしょうか。
店内に一歩足を踏み入れたとたん、タイムスリップするような小さくて素敵な喫茶店でした。

パッチワークネタではありませんが、愛のクリックよろしくお願いいたします。
相当下げてしまいました。

ブログランキングへ


タグ : 今宮神社 喫茶静香 あぶり餅 上七軒 レトロ

14:43  |  Nannyの旅日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。