All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.01 (Sun)

涙の卒業式



昨日は息子の卒業式に出席してきました。

いやぁ、なかなかいい卒業式でした。
不覚にも泣きまくってしまいました。

イベントの準備中ですごく忙しい中だったので、ゆっくりすることもできないので、目標をしっかり決めて気合を入れてでかけました。

目標 その1  担任をつかまえて話をする。(担任とは大学合格してから会っていないので)

    その2  部活の顧問をつかまえて絶対言いたい一言を言う。

    その3  高校の近くの古い酒屋さんが気になっていたので写真を撮る。

    その4  息子の写真を撮る。(息子はこんでもいいって言ってたけど無視)

息子の高校はマンモスなんで、会場は入学式と同じ地元の文化センターで行われました。
3年ぶりです。
いやでも入学式のことを思い出してしまいます。

目標その1は会場に着くや否やすぐに担任に会えたので達成できました。

「先生の一言で息子の人生がある意味変わりました。(凶と出るか吉と出るか・・・)」



式は2部構成で、1部は校長先生や来賓のスピーチといろんな賞の授与式。
息子は3年間無遅刻無欠席で賞をいただきました。

卒業証書の授与の時、各クラスの担任が生徒の名前を読みあげていくんですが、いきなり泣きながら読む女性の先生がいて、それにつられて不覚にも私も泣きだしてしまいました。
どうしょう、やばい・・・と思ったんですが、まわりは知らない人ばかりだし真っ暗だからと気がゆるんでしまったのでしょうか・・・涙がとまりません。

日頃すごい元気なハイテンションな先生だけに泣かれるとは・・・会場のあちこちでもらい泣き状態。
続いてなんと男の先生が泣きながら生徒の名前を読みます。
ここで涙はMAXに・・・
あれは一体なんだったんでしょうか・・・
特に息子の成長をふりかえることもなかったんですが、卒業式のもつ独特な雰囲気にすっかり飲まれてしまいました。

化粧がはがれる・・・

012.jpg




そして、校長先生の式辞。
大きな声でわかりやすい内容で話してくれました。
微差と大差の話と、人は理想を追い続けている以上は老いることはない話。夢を失くした時、人は老い始める・・・うんうんと納得しながら聞き入りました。
なんか自分のための卒業式のような感じ・・・

卒業式




君が代は卒業生で音楽の方面で活躍している女性が歌い、チェロの演奏は在校生。
どちらもすばらしかった。

1部が終わり、何やら大勢の先生方がステージに・・・

贈る言葉




先生方の「贈る言葉」の大合唱です。
生徒の数が多ければ、先生の数も半端じゃありません。
なんか愛情いっぱいの卒業式です。

2部はその後、生徒が一人づつ会場から退場して、ホールで待ち受けている校長先生と担任から卒業証書と花束をもらいます。
願ってもないシャッターチャンス

しかも待っている間、部活の顧問の先生にも会えてここで目標2と目標4を達成することができました。

どうしても言っておきたかったことも言えました。

「おおご卒業おめでとうございます。○○大学入学おめでとうございます。」

「ありがとうございます。いい卒業式でした。」

「ご希望にそえないこともあって、申し訳ない。」

「先生、本当にいい3年間でした。でも私はそれだけが悔やまれます。」(これが言いたっかった。読者の方には意味不明かと思われますが)

「申し訳ない。でも、○○大学入学で上出来な門出だと思いますよ。大学で卓球続ければいいじゃないですか。彼はきっとやりますよ。卓球好きだから。」

「(そういう問題じゃないです。)で、今卓球部どうなってるんですか?」

「今年から立て直します

「なんでうちの子の時に立て直してくれなかったんですか。それだけが悔いが残ります

「いろいろね出来ない事情があったんですよ。大学で続けなさい。彼はきっとやりますよ。」

「・・・・・・」

先生と別れた後、息子の写真もなんとか1枚だけきれいに撮れて、目標4を達成。



029.jpg



会場を出ると部活の後輩達が待ち受けています。
ここがまた晴れがましい瞬間だね。

あとはもうぐちゃぐちゃ状態でとても息子をみつけることはできないので、私は会場を後にして目標3の酒屋さんに向かいました。


正面から見た感じです。
有名な酒屋さんだそうです。

041.jpg




ishibashi.jpg



土岐川沿いにあります。
駅から続く商店街をぬけると、突然こんな古い石橋があらわれます。
この一角だけなんかとても素敵なんですよ。
いつもここを通るたびに思っていました。
もう、この橋を渡ることもありません。


034shiroku1.jpg



土岐川沿いに見える酒屋さん。
高校に続く道にある、そこだけタイムスリップしたような、そんな空間でした。

いい卒業式でした。

目標も全部達成できたので、大急ぎで仕事にもどりました。

今も私は涙モ―ドです。思い出すとウルウルしてきます。
歳をとると涙もろくなるなぁ。

ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ














関連記事
14:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mothersdream.blog101.fc2.com/tb.php/250-8dc308c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。