All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.17 (Fri)

とうとう3個目が完成じゃ♪

IMG_2004.jpg


本日、やっと3個目の「三角つなぎのバッグ」が完成しました
最初のうちは調子よく進んでいたけど、途中浮気相手に心奪われ、思ったより時間かかってしまいました


IMG_1987.jpg



今日は底の縫い代の始末について語りたいと思います。

一般的には、別布で縫い代の始末をする時には共布のバイヤステープを用意してやることが多いんですが、それだとどうしてもバイヤステープを作るのに布が大量に必要となり、おまけに無駄に残ってしまいます。

そこで今回はバイヤスではなく普通に断った細長いテープで始末することにしました。
テープメーカーを使って同じように両端の折れたテープを作っておきます。
それを出来上がり線に沿って縫い付けていくんですが、まち針を打つのは線の通り、実際縫うのは線より1ミリ下を私は縫います。
線の真上だと、どうしてもずれたりして出来上がり線が見えてしまうからです。

IMG_2000.jpg


縫いながら面白い実験をしました。
バイヤステープであれ、普通のテープであれ、縫い付ける時は返し縫いでするか、普通の波縫いでいくか皆さんはどちらですか

私は結構その時の気分で決めるんですが、ちょっとくらべてみました。
左が返し縫いで縫い付けたもの、右が波縫いです。
こうやってみると、一目瞭然。
返し縫いの方がぴしっとしていますね。
波縫いはその名の通りなみなみしています。

「このなみなみ感が良いんだがね~」と言う方は波縫いお勧めです。

IMG_1999.jpg



バイヤステープでなくてもきれいにつきました。
もちろん底の縫い代には切り込みを入れたり、縫い代幅を通常より細くしたりと小技はきかせています。

IMG_1984.jpg

さて、次はいよいよ口のスカラップのパイピングです。
これは絶対バイヤステープじゃないと無理です。
いつも通りテープメーカーでバイヤステープを作り、口の出来上がり線に縫い付けていきます。

くぼみの手前で返し縫いをお忘れなく。
ぐちゃっとなりますが恐れずそのまま続けて縫い進みます。


IMG_1994.jpg


向こうに倒してたてまつりする時に、さっきのぐちゃぐちゃなところにタックをとっておりたたみます。
きれいにするコツは、くぼみのところの縫い代を通常よりやや細めにして、くぼみには切り込みを入れておくことです。

なかなかきれいにするのは難しいですが、コツさえつかめばなんとか出来ました。
ただし両端は、縫い代が集中してごろごろのところですから、タックをとる必要はないと思います。
そのままひっぱりぎみにくるんで、向こう側に倒しまつりつけるだけで、充分きれいなカーブができますよ。


IMG_2002.jpg



後は先に作っておいた持ち手を好きな長さに縫い付けます。
私は小ぶりのバッグには、短めの持ち手がバランスがよくて好きです。
たまには女らしく、バッグをうでにかけるのもいいものですよ~


IMG_2003.jpg


いつも両脇を縫い合わせる時、何にも考えずにミシンで縫っていたので三角の角が重なってきれたり、ぎりぎりだったりしていました。
やっぱりこういう場合も、頂点をピンピンに出す方法と同じ考え方で、三角側を見ながらミシンをかけるときれいにピンピンになるのですね。
この部分は3つ目がいちばんきれいにできました。

なんでも数稽古です。
数をこなせばわかってくることがあるのです。
みなさん、がんばって数をこなそうぜ

本日も、愛のクリックよろしくお願いいたします。
いろんなブログに出会えますよ。

ブログランキングへ
関連記事

タグ : 三角つなぎのバッグ テープメーカー

15:13  |  仕事(パッチワーク)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mothersdream.blog101.fc2.com/tb.php/614-ee0d1956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。